ドラゴンズドグマ2 ファイター

ドラゴンズドグマ2
カテゴリー

攻略データベーストップ

ファイター 基本情報

初期基本職4つのうちのひとつ
近接戦闘を得意とし、基本的にパーティの前衛として戦う

ゆーだり
ゆーだり

アタッカー兼タンク。
オーソドックスな戦士って感じ。

盾を上手く使った立ち回りがカッコいい。
映像ではシールドバッシュで大型の敵もよろめかせていた。強い。

兜割もかっけぇぜ。

『Dragon’s Dogma 2』ファイター – ゲームプレイ映像

ジョブマスター

多分この人

クエスト「厄災の到来」を進めていくとマスタースキル“フュリオスレイド”を貰いました。

立ち回りの基本

盾受けを上手く扱うのが強者への近道だと思う。

アビリティ

  • 耐撃-300JP:物理防御力が上昇する
  • 奪視-900JP:敵から狙われやすくなる
  • 筋増-1800JP:所持重量の上限が増える
  • 強縛-3000JP:担ぎ上げ、押さえつけ時の拘束時間が延長される
  • 速起-5000JP:ダウンや這いずり状態からより早く起き上がれる

カスタムスキル

一閃突き

強烈で素早い直進突きを繰り出す
対象との間合いを素早く詰められる

DMCで言うスティンガーやな。爽快感は全然違うけど。

LV2:移動速度、移動距離が上昇

LV1LV2
初期装備1000JP

空裂斬

直上に飛び上がり、斜め上方向に斬りつける
飛行する対象への攻撃に適する

飛んでるやつは後衛に任せる方が楽。
撃ち落とされたやつの処理でOK

LV2:上昇高度と威力が増す。空中でも発動できるようになる。

LV1LV2
200JP1300JP

円月斬り

身体を捻り、円弧状に剣先を一回転させ周囲の対象を斬り払う

LV2:攻撃範囲が拡張される

LV1LV2
450JP1300JP

えぐり刺し

対象の体に剣を突き刺し、連撃を与える
大型の対象に当てるとしがみつきに派生
怯み中の小型の対象に当てると押さえつけに派生する

LV2:剣で突き刺す回数が増える
 空中でも発動できるようになる

LV1LV2
700JP2000JP

逸らし斬り

後方に身を翻したあと、素早く間合いを詰めて斬り払う
対象からの攻撃を回避しつつ繰り出すことで威力が増す

LV2:反撃時の攻撃回数が増え、威力が増す

LV1LV2
1100JP2500JP

シールドバスター

盾による協力な打撃を見舞う
対象の体勢を崩しやすい

LV2:攻撃が二連撃となる

LV1LV2
200JP1000JP

盾惹き

盾を叩いて音を発し、周囲の対象の注意を自身に引き付ける

魔法使いが多いパーティーやと結構ヘイト管理せな危ないかもね

LV2:引き付ける音の効果範囲が拡張される

LV1LV2
300JP1300JP

空舞の盾

盾を踏み台として構え、飛び乗った仲間を空中へ放り投げる

コレって探索中にやってくれへんのかな。

LV2:放り上げる高さと距離が延長され、スタミナ消費量が減少する

LV1LV2
450JP1600JP

フローレスガード

身体を素早く捻り、全方位からの攻撃を盾で防ぐ
自身が怯んでいる状態でも発動可能
窮地からの緊急脱出に役立つ

LV2:スタミナ消費量が減少し、効果範囲が拡張される

LV1LV2
700JP2000JP

カウンタースラッシュ

盾で対象からの攻撃を受け流した後、素早く剣で斬り払う
構え中はスタミナを消費し続ける

LV2:構え中のスタミナ消費量が減少し、反撃時の攻撃範囲が拡張される

LV1LV2
1800JP2500JP

マーズソウル

前方からのあらゆる攻撃を防ぐ鉄壁の構えをとる
構え中はスタミナを大きく消費し続ける

LV2:構え中のスタミナ消費量が減少する

LV1LV2
2500JP3000JP

ノーマルスキル

真盾弾き

最初から取得可 150JP
盾を振るい、対象からの攻撃をより強くはじき返す
反撃時にスタミナを消費しない

つまり「パリィ」のこと。
タイミングよくパリィ後、強攻撃で大ダメージ

刀牙昇斬

必要ポイント:250JP
剣を大きく振り、勢いよく切り上げる
軽量の対象を打ち上げることができる

盾敷き

必要ポイント:400JP
盾をあてがい、高所からの落下時の衝撃を和らげる
落下ダメージが軽減され、素早く体勢を立て直せる

エンチャントバッシュ

必要ポイント:600JP
エンチャント中に盾防御することで属性に応じた自動反撃を行う

マスタースキル

フュリオスレイド

高威力の連撃を隙無く叩き込む連続乱舞技
対象に大ダメージを与えるが、スタミナ消費量が激しく最初の一撃を外すと大きな隙が生まれる


ゲームタイトルの権利表記

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
「記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました