無料チャットAIリートンの疑問解消!

AI
カテゴリー

無料のチャットAIツールリートンの疑問を徹底解消!
調べつくしてやんよ!

リートンは何故無料なのか?

リートンが無料で提供されている理由についての詳細は、公開されている情報からは直接的な理由が明示されていません
しかし、一般的に、無料でサービスを提供する背景にはいくつかの可能性が考えられます。

ユーザーベースの拡大

新しいテクノロジーやサービスを市場に導入する際、特にAI分野においては、広範なユーザーベースの構築が重要です。無料でサービスを提供することにより、多くのユーザーがサービスを試し、使い続けることが期待されます。

データ収集と改善

AIモデルは、多量のデータを必要とし、ユーザーからのフィードバックや使用データに基づいて継続的に改善されます。無料でサービスを提供することで、より多くのデータを収集し、AIモデルの精度や効率を向上させることが可能になります。

将来的な収益化のための布石

無料でサービスを提供することは、将来的な収益化戦略の一環として行われることがあります。
例えば、ユーザーベースを拡大した後に、有料のプレミアム機能や追加サービスを提供することで収益を上げることが考えられます。

ブランド認知度と市場占有率の向上

無料で高品質なサービスを提供することは、ブランドの認知度を高め、市場における競争優位を築く手段となります。

ゆーだり
ゆーだり

決してボランティアでやってる訳ではない。
無料にすることで利用者を増やし、学習と制度UPを加速させ、将来的には有料版の提供で収益を上げるってのが妥当なところか。続報を待とう。

リートンとは?

リートンの運営会社は「Wrtn Technologies」2021年に設立された韓国のAIスタートアップ企業で、生成AI、特にChatGPTのような技術を専門としている。
韓国の生成AIサービス業界の先駆者。CES 2023でイノベーション賞を受賞したらしい。

「CES 2023」とは、世界最先端テクノロジーの見本市のこと

ゆーだり
ゆーだり

言わば韓国のOPEN AIってところか。

今の所先着1万名限定で利用可能だったgpt4 turboだが、2024年1月中旬を目標に一般公開を予定しているとのこと。選考外れた人ももうすぐ使えるようになるはず。

現時点(2024/1/2確認)でGPT-3.5、GPT-4は2021年まで、
GPT-4 Turboは2023年までの学習データを元に回答を生成している。 

リートンのgpt4 turboは回数制限無しで使える。
何時まで待てと言われることはないが、できることはChatGPTの方が多い
まあ3000円くらい払ってる訳やし、当然と言えば当然。

リートンは画像生成できなければ、ブラウジングもできない。
GPTsのような拡張性も今の所無い。しかし無料で使える文章生成ツールとしては色々用意されてる。
文章のみならリートンのみで十分対応可能。

そして何が嬉しいって日本語対応しているところ。
まあそこが怪しむ理由にもなるけどな。

リートンの安全性は?

セキュリティの明確な情報の欠如

リートンの公式サイトにはセキュリティに関する明確な記載がない。
念のため重要な情報を入力するのは止めておいた方がいいだろう。
ビジネスに使うのは慎重になることを推奨する。

企業の信頼性

先ほど書きましたが、株式会社リートンテクノロジーズはCES 2023でイノベーション賞を受賞しているので、しっかりとした企業と見ることができるかと思う。
また、2023年には日本や韓国で専門家とのAI技術や展望について語り合う場を提供しており、Generative AI Asia 2023 Tokyoを開催するなど、勢いのある会社であることが示されている。

以上の情報から、リートンの安全性に関する直接的な情報は限られているものの、企業としての信頼性やAI技術に関する問題への取り組みは見られる。ユーザーはサービスを利用する際に自己の判断で適切な対策を取ることが重要。

ゆーだり
ゆーだり

まあ他のAIが100%安全かって言うとそうでもないから、
リートンに限った話では無いけどな。

アカウントの削除

アカウントの削除は「アカウント情報」→「マイページ」→「退会」から可能。
退会すると30日間は同じアカウントで再登録不可となる。

まとめ

文章作成が目的ならリートンで十分満足できると思う。
ビジネス関係、多機能なAIが良いって場合は有料版のChatGPTやCopilot,geminiを検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました