エルデンリングDLC テキスト“防具-胴鎧” - ゲーム、アニメ、AI ゆーだりブログ

エルデンリングDLC テキスト“防具-胴鎧”

ELDEN RING
カテゴリー

TOPに戻る

胴鎧のテキスト一覧

墓守鳥の鎧

青味を帯びた石の胴鎧
墓守鳥を模した防具のひとつ

墓守鳥は、古いゴーレムであり
あらゆる死の流れ着く場所
霊墓の番人として作られたという

墓守鳥の黒羽鎧

青味を帯びた石の胴鎧
墓守鳥を模した防具のひとつ

死の鳥の黒羽をマントとして纏い
ジャンプ攻撃が強化される

墓守鳥は、古いゴーレムであり
あらゆる死の流れ着く場所
霊墓の番人として作られたという

編み縄のローブ

黒いボロ布に、編んだ縄を重ねたもの
角人の復讐者の装束

復讐の誓い、犠牲者たちの怨念
編み縄は、それらを絡めとり、ずっと繋ぎ止め
角水子の怨霊と、守護霊を強化する

踊り子のドレス

ラーナの踊り子たちの真っ赤なドレス
舞いや踊りの攻撃を強化する

ラーナの舞踏は、燃えるような熱情である
極まった踊り子は、その名前すら失くしてなお
熱い舞いを終えることはない

熱情が冷めるのは、命が終わる時だけだ

落葉派のローブ

色褪せ薄汚れた、聖職者の旅装束

胸に下がった金の首飾りは
落葉派と呼ばれる求道者たちのものである

彼らは、信仰に一切の甘えを見出さない
故にこそ己を鍛え抜く

ティエリエの装束

密かに毒を用いる者たちの、暗い装束

結った銀髪は、聖女トリーナを擬しており
神秘を高める

また、表面に縫い付けられた無数の針は
魔除けの効果があるとされる

アンスバッハの装束

老兵アンスバッハの装束
縫い取られた純血騎士の紋章は
もう掠れかけている

血盟の戦技と王朝の技を、僅かに強化する

アンスバッハは理解していた
古き主への忠誠に、もはや理は無く
一片の正義も無いことを

だからこそ、彼はそれを捨てられなかった

高地の装束

高地の戦士たちの伝統的な装束
布を編み込んだ鎧の上に、青い柄布を纏ったもの

高地の戦士は、熊の狩人である
強大な獣に挑むのは、彼らの誉れなのだ

誉れの装束

高地の戦士たちの伝統的な装束
布を編み込んだ鎧に毛皮を重ね
青と赤、2枚の柄布を纏ったもの

熊の狩人の、特に秀でた誉れに対し
その赤い柄布が与えられたという

影卑兵の鎧

影のように暗い、卑兵たちの胴鎧

誰も近付かぬ、悪臭の戦場跡
あるいは、忘れられるべき禁域

それが卑兵の居場所であれば
影の地は、正に相応しいだろう

鉄鋲の胴衣

名を忘れた狂戦士、赤熊の胴鎧
鉄鋲で補強された胴衣

血みどろの死闘の末に大赤熊を仕留め
戦士は魅入られた。裸の力、その純粋さに

俺は、ただの熊になりたい

大司祭の長衣

大司祭、ユミル卿の長衣
その内に、無数の蠢きを隠すもの

紫地に金の刺繍が施され
その襟飾りは、花のような輝きである

夜の鎧

冷たい深黒の胴鎧
その表面には、指紋にも似た流線が刻まれ
纏う者を光無き闇に閉じ込める

地下深くで生まれた者たちは
これを与えられ、夜の剣士となる

羅刹の鎧

返り血に染まった羅刹の胴鎧
禍々しい剣気が溢れ出るかのように
ボロ布の端がちらついている

敵に与えるダメージを高めるが
自らの被ダメージも大きくなる

人を斬り、喰らう
弛まずに、それを続けた者だけが
無我の羅刹となる

死の騎士の鎧

死の騎士の黄金の胴鎧
黄金樹の古い意匠が施されている

王都古竜信仰の戦技と祈祷を強化する

かつてゴッドウィンの近衛であった騎士たちは
変わり果てた主の、分け身の骸を探し求めた
来たるべき、昏き者たちの時代のために

エーゴンの鍾

寄せ集めの鎧片に
汚らしい荷物を背負ったもの
壊れた竜の戦士、エーゴンの胴鎧

みすぼらしい戦場漁りは
竜餐により誇りを得たのだ

兵卒の布鎧

メスメル軍の兵卒の布鎧

その内面と同じように
真っ黒な煤がこびり付いている

メスメル兵の鎧

串刺し公、メスメルに仕える兵たちの胴鎧
錆び付いた鎖帷子の上から
くたびれたマントを纏っている

その胸当てには、影樹の意匠が
しかし黄金で刻まれている
名誉なき戦の、せめてもの慰めに

調香師のローブ

黄金樹の王都の、調香師たちのローブ

黄金樹が刺繍された分厚い布の前掛けは
薬師の秘技を修めた証であり
その重さは、誇りと責任を意味していた

黒騎士の鎧

串刺し公、メスメルに仕える黒騎士たちの胴鎧

その左胸には、影樹の意匠が
しかし黄金で刻まれている
名誉なき戦の、せめてもの慰めに

火の騎士の鎧

串刺し公、メスメルの直属となる
火の騎士たちの胴鎧

真っ赤なマントを纏い
黄金の双蛇を首に飾っており
メスメルの火の祈祷を強化する

彼らだけが、メスメルを知っている
その火の蛇たるを。蛇たる苦悩を

メスメルの鎧

串刺し公、メスメルの黒い胴鎧
紋章の縫い取られた、赤いマントを纏っている

母の願い、粛清の聖戦のために
メスメルは自らを恐怖の象徴とした

嘆きも、呪詛も、ただ私だけを責めればよい

ガイウスの鎧

宿将ガイウスの黒鉄の胴鎧
落ちた種子を模したという鎧の一部

ガイウスは、白王を師として重力の技を学び
ラダーンとガイアの、兄弟子であったという

誓約騎士の鎧

黒地に金の装飾が施された
誓約騎士たちの胴鎧

その騎士たちは、探求の旅に出る
自らの目で誓約を見出し、選択し
生涯、それだけに仕えるために

レダの鎧

針の騎士、レダの胴鎧

ローリング、バックステップからの攻撃と
ダッシュ攻撃を僅かに強化する

黄金の交差樹が縫い取られた
白亜のマント、サーコートは
名誉ある針の騎士の証である

ミケラは、我らを針と紡ぎあげた
全てを鎮め、退けるために

フレイヤの鎧

将軍ラダーンの近衛騎士
赤獅子フレイヤの黄金の胴鎧
黒い羊毛のマントを纏っている

元々は剣闘士であった彼女は
その勇壮を若きラダーンに見出され
近衛に取り立てられたという

若獅子の鎧

若きラダーンの黄金の胴鎧
英雄の赤を纏った、獅子の装備

ミケラの刃、マレニアは
エオニアに腐敗の花を咲かせるその時
ラダーンの耳元で囁いたという

ミケラが待っている。約束の王を

修験者の腰布

自らを厳しく律し、苦行を積む
塔の修験者たちの装束

彼らは、いつか即身の土地神となるために
修験によりその霊性を高めていく

角の戦士の鎧

塔の守護者たる、角の戦士の胴鎧

黄土色のストールを纏った胴当ては
古英雄の裸体を象ったという

神鳥戦士の鎧

角の戦士の始祖たる、神鳥の戦士の胴鎧
黄金色の金属で作られている

金色の神鳥は、冷酷で人に馴染まぬとされ
それを降ろす者はごく少なかったという

神獣戦士の鎧

選ばれた角の戦士たる、神獣の戦士の胴鎧
獅子の毛皮を纏っている

彼らの中で、特に神降ろしに優れた者だけが
勇人として獅子舞の名誉を得たという

レラーナの鎧

双月の騎士、レラーナの胴鎧
銀鉄で作られた精緻な防具

カーリアの象徴たる瑠璃青を纏い
その輝きは、まだ汚れきっていない

孤牢の鎧

孤牢の騎士団の鉄の胴鎧
鋼鉄を張り合わせて全身を覆う、重鎧の一部
黒色のマントを纏っている

影の地の無名霊廟には
その名を、あるいは心を失くした
戦士たちの霊が宿るという

緑青の鎧

緑青と呼ばれる
特殊な金属で作られた胴鎧

緑青は、外なる神の贈り物であるといい
腐食しているが故に、ずっしりと重く
柔らかな強さを持っている


ゲームタイトルの権利表記

©Bandai Namco Entertainment Inc. / ©2024 FromSoftware, Inc.
・記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
・当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツ  の提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました